« 米国不動産市況 | トップページ | 今月のヘッジファンド »

2008年8月11日 (月)

ニューヨークの差押率

Realty Trac.comからニューヨーク州の差押率についてレポートが出ていました。住宅価格下落の影響自体は全米で軽い方だが、日本の投資家の注目も高いと思いちょこっと触れたいと思います。

全米州別、都市圏別の差押率の詳細説明についてはアメリカ・メキシコ不動産投資で有名なGenさんのブログに譲ります。やはり現地の人、タイムリーに良い記事が出てきます。

参考Website: 
http://www.realtytrac.com/ContentManagement/pressrelease.aspx?ChannelID=9&ItemID=5031&accnt=64847

記事のポイント:
- 2008年第2四半期、全米州別で差押率を見るとニューヨーク州は全体で30番目。
- また同期間で全米平均を見ると、171件に1件が差押となっているが、ニューヨーク州は493件に1件の割合となっている。
- ニューヨーク州では2008年第2四半期に16,025件の差押申請があった。
- これは2008年第1四半期と比較して11%増加しており、また前年同期比で見ると62%増加している。
- 全米平均では、2008年第1四半期と比較して第2四半期は14%増加、前年同期比では121%の増加となっている。
- ニューヨーク州は8四半期連続で差押率が上昇している。
- 差押率の高い地域はニューヨーク市とロングアイランド地区で、10つの郡のうちこの2つで約77%を占めている。
- クイーンズ地区とブルックリン地区で約29%、ロングアイランド地区で21%を占めている。
- 約70%の差押申請が現在係争中(差押のファーストステップ)である。
- 係争申請が多いのは、クイーンズ地区、ブロンクス地区、ブルックリン地区、差フォー地区、ナッソー地区、ウェストチェスター地区、スタテンアイランド地区となっている。

|

« 米国不動産市況 | トップページ | 今月のヘッジファンド »

コメント

早速コメント頂きありがとうございます。Foreclosureまでの期間等こちらではあまり分からない内容ですね。勉強になります。

投稿: AlternativeTIMES | 2008年8月14日 (木) 15時56分

ニューヨークを中心とした北東部の州は、差し押さえまで12ヶ月以上かかるのですよ。カリフォルニアでは3ヶ月で終了しますから、かなりタイムラグがあるとおもっていただいていいですね。

しかしながら、ニューヨーク州の場合さほど投機が盛んであったわけではない+マンハッタンの物件などはみな頭金を平均して20%以上いれているので、カリフォルニアやフロリダのような惨状にはならないでしょう。一番危ないのは、もともと物騒だった、Queens、Bronxあたりの物件ですね。あとは、NJのNewarkあたりでしょうか?下記の含み損(=差し押さえ予備軍)地図でも、かなり影響でてますからね。

http://www.zillow.com/reports/RealEstateMarketChartsAndMaps.htm?msa=New%20York%20Northern%20New%20Jersey%20Long%20Island%20NY%20NJ%20PA&graphic=Map-Real-Estate-Market-Percent-Homes-With-Negative-Equity

投稿: Gen | 2008年8月14日 (木) 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198359/22908109

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークの差押率:

« 米国不動産市況 | トップページ | 今月のヘッジファンド »