« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月 2日 (日)

市場はやっぱり非効率

最近思うのはやっぱり市場は非効率だな~ということです。人がやっているので当たり前といえば当たり前ですが、改めて市場の非効率性を実感しています。

ゲーム機大手の株価は計量モデルで分析すると絶対に売りです。にもかかわらず期待でどんどん買われていますね。クウォンツではこの価格はありえないでしょう。またCMBSもそうです。Markitを見るとCMBX IndexのトリプルA格のSpreadは211.86bpsです。そもそもサブプライムと商業用不動産はまったく別のものです。

まず、①サブプライムの約80%が変動利付きであるのとは対照的に、商業用不動産の多くが固定利付きであること。次に②商業用不動産は供給多寡になっていないこと。最後に③信用補完水準がサブプライムとは格段に違うことです。

特に3番目はサブプライムとは全く異なります。ABXが下がるのは分かりますが、CMBXは1997年に過去最大の損失を計上した個別CMBSにおける損失のときも、その損失比率はディールに対して8%強でした。それと比較して現在の損失比率の予想が多くて6%、トリプルA格の信用補完がメザニンでは20%、最も信用力が高いもので30%です。現金化できるものから現金化しているのでしょうが、市場が効率的ならばこれは売られすぎのような気がします。

そうそう、それともう1つ。昨年HedgeFund IngelligenceのCredit部門とNew Fund of the Year部門とでAwardを獲得したPeloton ABS Fundが強制清算になりましたね。彼らも高格付けのCMBSをロング、質の低いABSをショートしていたそうですが、直近のCMBS下落と取引相手のHaircutの削減によりキャッシュ・ショートとなってしまったようです。彼らとしても納得がいかないでしょうね。

ではなぜこんなことになるのでしょうか。株は個人投資家も多いからある程度は期待先行で動くところがあるのでしょうが、CMBSなんてのはプロの参加者が多いのではないでしょうか。それが皆VaR等でリスク管理をしているため、一度ポートフォリオのストップ・ロスに引っかかると現金化できるものから現金化しているのでしょうか。分かる方がいらっしゃれば教えて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »