« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月26日 (木)

最近のPEファンド

PE関連の面白い記事を見つけた。GS Capital Parners6つ目のファンド($20Bn)がクローズしたが、これが少々話題になっているというのだ。理由は、その45%が自己投資及び役職員からの投資でその道理性が疑われているためだ。最近PEファンドのサイズが注目を集めており、これまでで最大の案件だの何だのと言われているが、ここまでくれば$15Bn$20Bnも大差がない。ファンドサイズは確かに目を引くがここまでくればエゴ以上の何者でもないと記事は言っている。これには個人的にも賛成だ。ファンドの組成者にとってはファンドサイズはステータスになるが、投資家サイドに立つと本当にこのサイズが必要なのかと思う。個人的には中規模の魅力あるファンドを組成したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

相関の高いヘッジファンド

相場が動くとよくある話だが、GSFlagship Hedge Fund25.7%のマイナスとなった旨の記事が出ていた。注目度が高いと記事になるようだ。多くのヘッジファンドが2月末の世界同時株安の折、株ロング、債券ショート、円ショートのポジションを持っていてやられている。

ここで注目したいのは、GSがどうなったかということではなく、ヘッジファンドのポジションが偏っているという点だ。システマティックにしろ裁量にしろ、事実2月末のポジションは多くのヘッジファンドで株ロング、債券ショート、円ショートだった。中には逆張りをしているヘッジファンドもあり、それらのファンドを一部採用しているFoHFsのみが損失を免れているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »