« BOE分析に挑戦 | トップページ | ヘッジファンドの資金流入額(2006年) »

2007年2月27日 (火)

米不動産先物指数の低迷

昨日の日経金融にCBOT(シカゴ商品取引所)が21日に上場したダウ・ジョーンズ米不動産指数先物が低調なスタートとなった旨の記事があった。また先日紹介したCMEの住宅先物も低調だそうだ。しかし、CMEは商業不動産先物を上場する予定だそうだ。なんて強気なんだろう。しかし、NAREIT1月から絶好調なだけにヘッジ取引に対するニーズはありそうですね。

p.s ETFが保有する金の量は600㌧だそうだ。これは金の年間市場規模4,000㌧の実に15%にあたる。

|

« BOE分析に挑戦 | トップページ | ヘッジファンドの資金流入額(2006年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198359/5502139

この記事へのトラックバック一覧です: 米不動産先物指数の低迷:

« BOE分析に挑戦 | トップページ | ヘッジファンドの資金流入額(2006年) »