« 原油価格下落と資金シフト | トップページ | 最近読んだ本 »

2007年1月27日 (土)

ヘッジファンド規制

本日の日経にドイツのメルケル首相が6月の主要国サミットでヘッジファンドの監視強化に向けた国際合意を働きかけるという記事があった。現時点では米英当局は市場の活力をそぐ恐れがあるとして規制強化には慎重との指摘があるようだが、注意深く見守りたい。

そもそもヘッジファンド規制強化の議論が盛り上がり始めたのは200410月だ。米SECが①本店所在地が米国にあり、米国内に15人以上の顧客を有しかつ2,500万ドル以上の資産運用を行うヘッジファンド運用業者、又は②米国に15人以上顧客を有する米国に本店をおかないヘッジファンド運用業者は、200621日までに、投資顧問業者としてSECに登録しなければならない、と規制を改定したのだ。(但し、2年以上のロックアップ期間を設けているヘッジファンドは従来通り登録の必要はない。)

結局この件は、20066月ワシントン高裁でSECのヘッジファンド規制は恣意的だという判断が下され、登録義務はなくなった。しかしまたこの手の議論が今度はサミットでされるようだ。業界に身を置くものとしては、この手の規制強化には反対である。“この手の規制”といっているのがポイントである。規制そのものに反対しているのではない。システミック・リスクが起こらないような市場運営を目指した規制を導入すべきだと言いたいのだ。

確かに、昨年のアマランスのようにリスク管理がなっていなかったりと問題を起こしているヘッジファンドもある。しかし、これは別にヘッジファンドについてのみに言えることではない。市場参加者すべてにいえることなのだ。ヘッジファンドでなくてもあのくらい大きなポジションを張れば、市場が逆にいったときのインパクトは大きい。

実際多くのヘッジファンドが存在する今日、登録だけでは現実的には監視しきれない。それよりもヘッジファンドがポジションを取っている銀行、投資銀行、FCMレベルで資金とポジションをきっちりと把握し、それを当局に報告させる方が現実的だ。

また現場レベルでいうと、0410月以降、ロックアップ期間を2年設定するファンドが続出し、ヘッジファンドに投資したいと思っている投資家のポートフォリオ運用を難しくしたように思う。確かに運用サイドからみれば1年程度のロックアップは欲しいが、2年というのはPEや不動産でない限り必要ないように思う。

実際、上記米SECの規制強化の話が出てから、本当に良いファンドマネジャーだけでなく、資金集め重視のヘッジファンドがロックアップを設定し、業界に身を置くものとしては残念な思いをした。顧客のポートフォリオ構築を考えれば、2年は長いように思う。ヘッジファンド規制で運用業者を規制することも重要だが、投資家の利益になっている運用業者もいることを忘れないで欲しい。その上で、悪質業者やシステミック・リスクの排除を目指した規制を導入して欲しい。

|

« 原油価格下落と資金シフト | トップページ | 最近読んだ本 »

コメント

昔の同僚と話しましたが、BaselⅡにらんだヘッジファンドの解約は出ているようです。マーケットニュートラルやロングショート系の私募投の解約もあるそうです。ロング・ショートの場合は、ローリスク・ローリターンで債券の代替として買われた経緯がありますが、リスクウェートはダブルでカウントされるらしいです。多少レバレッジかけていれば300%位?全体に対する影響は軽微と思いますが、株の裁定しているしているとこは、3月まできついも?

投稿: じょうじ | 2007年2月 2日 (金) 12時24分

ヘッジファンドの規制強化で円のキャリートレードが巻き返されるという指摘ですが、個人的には本当にそうなのかなという面があります。

確かに、ヘッジファンドも円のキャリートレードをやっているでしょうが、ヘッジファンドでなくてもやっています。ヘッジファンドはよく相場を動かす悪玉として言われますが、本当のところはどうなのでしょうか。

きっかけを作ることはよくありますが、その後相場の大半を動かしているのはその他の市場参加者だと思います。

ヘッジファンドがBaselⅡの関係で顧客からの解約を受け、円ショート、その他通貨ロングのポジションをひっくり返したとしても、それは一部ではないでしょうか。逆にチャンスだと思うヘッジファンドもいるはずで、それが理由で大きくは動かないと思います。むしろ金利差を気にした銀行などが動いた方がインパクトは大きいと思います。

個人的にはこのように思いますが、色々と教えてください。考える余地はたくさんあると思います。

投稿: alternative times | 2007年1月30日 (火) 01時40分

いつも大変に参考にさせていただいております。本日、ブルンバーグTV・CS小笠原氏のインタビューでヘッジファンド規制強化の懸念が、キャリートレードの巻き戻しを起こすかもという、コメントがありました。以前JPM菅野氏が「円安はじりじりと、円高は一気に」というコメントもありまして、少し気になります。新BIS絡みもありますし、今後も本件に関する情報のフォローを宜しくお願いいたします。
http://ameblo.jp/george--george/entry-10024460046.html

投稿: じょうじ | 2007年1月29日 (月) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198359/5103361

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッジファンド規制:

« 原油価格下落と資金シフト | トップページ | 最近読んだ本 »