« 原油大幅下落 | トップページ | 原油$54~$55の攻防 »

2007年1月10日 (水)

オルタナティブ財産4分法

最近の投信のトレンドといえば、①財産●分法等のアセットクラスを分散した投信、②BRICs及び新興国へ投資する投信、③毎月分配型投信だろう。

一昔前のBuy&Holdのみの投信と比較すると日本の個人投資家もやっと収益を期待できる商品を買えるようになった。これらの投信は従来とは異なる収益の源泉βを持っているところが特徴だ。但し、これだけではまだまだ不十分だ。いくら資産を分散したからといってすべての資産が下落すれば損をするからだ。

そこで今自分自身が是非やってみたいと思っているのがオルタナティブ財産4分法だ。オルタナティブ資産(収益の源泉が異なるβ)に全体の30%を振り分け、残りの70%をオルタナティブ運用手法(収益の源泉が異なるα)に投資するものだ。

具体的にはオルタナティブ資産として不動産に20%、商品指数連動型運用に10%(合計30%)、オルタナティブ運用手法としてヘッジファンド株式特化型40%、ヘッジファンド債券特化型20%、マネージド・フューチャーズ10%(合計70%)というものだ。

_3

|

« 原油大幅下落 | トップページ | 原油$54~$55の攻防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198359/4868393

この記事へのトラックバック一覧です: オルタナティブ財産4分法:

« 原油大幅下落 | トップページ | 原油$54~$55の攻防 »